壊れても大丈夫

男の人

動きがおかしいと思ったら連絡

トナーを長期間使用していると、インクが出なくなってくることがあります。そういった時は、すぐに電話やメールなどで状況を伝えるといいでしょう。しかし、故意に壊したものは対象外になってしまうので、注意が必要です。

実物を送る

トナーの交換先を伝えてもらえるので、その宛先に壊れてしまった商品を綺麗に包み、発送すると新しい商品が送られてきます。この時の送料は業者が負担してくれることが多いです。

数日後指定の場所に届く

保証書があれば、それに費用をかけることなく新しいものに交換することができます。ですので、必ず保証書は必ず保管し、記載漏れがないか確認してから送るといいでしょう。

注意事項を把握すること

少し動作がおかしくても、簡単な操作で直せることがあります。簡単に直るのなら問題ないのですが、使用方法を確認しても動作がおかしいなら、トナーを交換してもらいましょう。

広告募集中